【前田珈琲 文博店】旧日本銀行の金庫室でほっこりカフェタイム

 こんにちは。かずのこ杏子です。

 フランソア喫茶室に引き続き、近代建築×京都のカフェを巡ります。

 今も多くの近代建築が並ぶ三条通にあるのは、ひときわ目を引くレンガ造りの建物。
 ここに、元銀行の金庫室を改装したカフェがあるのをご存知でしょうか?

 高い天井、厚い扉など、随所に残る金庫室の面影を探すのも楽しみのひとつ。 
 博物館の展示を見た後には、こちらのカフェで感想を語り合うのも素敵ですね。

 ※この記事の情報は2022年6月時点のものです。

目次

基本情報

実は元・銀行!芸術を楽しむ博物館に

 京都・三条通を歩いていると、パッと目をひくレンガ造りの大きな洋風建築があります。
 重厚な雰囲気のこの建物、実は約60年前まで日本銀行の京都支店として使われていました。

 明治39年(1906年)の施工以来、長年銀行としての役割を果たしてきましたが、業務量の増加などから手狭になったため 昭和40年(1965年)に新営業所へと移転。
 その後 修復を経て、昭和63年(1988年)からは京都文化博物館の別館として使用されています。

 鉄の扉の内部には、外気の侵入を緩和するための風除室が設けられていました。
 さらに中に入ると、天井の高い大きな空間が目の前に広がります。

 仕切りを隔てた奥は元営業室。
 現在は展覧会や音楽会などが行うホールとして使用されています。

この日は催事準備のために黒いカーテンで覆われていました

 ホールの左右には、廊下を隔てて かつての所長室や応接室が並びます。
 こちらも現在は芸術品や小物の展示・販売を行う店舗として活用されています。

 本館は企画展などを行っているため入場料が必要ですが、こちらの別館は入場無料なのも嬉しいところ!(イベントによっては別途料金が必要な場合もあります)
 この独特の雰囲気をたっぷりと味わってから、奥の喫茶店に向かいました。

金庫室をカフェに改装!重厚な扉から感じられる面影

 銀行営業棟から渡り廊下を歩いて奥に向かうと、瓦屋根の建物が見えてきました。
 これこそが元金庫室。現在は 前田珈琲 文博店 として営業しています。

中庭は休憩スペースになっています

 元々は大切な金品を保管する場所なので、防盗性能と耐火性能に優れた造りになっています。
 建物の中は改装されてずいぶん綺麗になっていますが、当時の面影を感じさせる部分も見つかりました。

 そのひとつが、入り口の分厚い扉。
 室内に続く白い部分を見ると、壁と扉の分厚さがよく分かりますね。

 店内は丸い照明やクラシカルな調度品が配置され、シンプルながらも落ちついた雰囲気。
 あまり広くはないですが、高い天井のおかげで圧迫感はありません。

 入り口の近くには京都にまつわる雑誌や書籍が置かれていて、自由に読むことができます。

 このお店に訪れるきっかけとなった、京都版 名建築さんぽ の他、

 気になっていた 京都レトロモダン建物めぐり も!

created by Rinker
¥1,848 (2022/10/04 03:47:39時点 楽天市場調べ-詳細)

 どちらも写真が多く、パラパラと眺めているだけでも楽しめました。

 もちろん、この前田珈琲文博店も紹介されています。
 建物にまつわる小ネタを知った上で周りを眺めてみると、また違った発見があっておもしろいですね。

混雑状況は?注意点はある?

 前田珈琲文博店を訪れたのは、平日の12時前。
 お昼時ということもあってか 3組ほどのお客さんが名簿に記名して呼ばれるのを待っていました。
 私たちも約10分後に入店。その後も代わる代わるお客さんが訪れていました。

 席数が少ないこと、また店員さんの人数も少なく 3人ほどだったので、手が回っていないのでしょう。
 とはいえ行列ができるというようなことはなさそうでした。

 ひとつ注意点があるとすれば、店内にお手洗いがないこと。
 すぐ側の別棟にはあるのですが、段差があったり和式だったり、バリアフリーとは言い難い造りになっています。
 移動などに不安のある方は、ちょっと気をつけておいた方がいいかもしれません。

食べたもの

 カレーとドリンクセット、単品ドリンクを注文しました。

 ■自家製チキンカレー 900円
 ■AIMI(ドリンクセット) +200円
 ■アイスコーヒー 530円
 (すべて税込)

 予定していたヘルシーランチがなかったのは残念。
 完売したわけではなく、そもそも この日のメニューにはないようでした。

 同時期に本館で行われていた「鈴木敏夫とジブリ展」の限定コラボメニューと入れ替わりになってしまっていたのかも?
 公式HPを見て事前に食べたいメニューを決める派の人は、ちょっと注意が必要です。

自家製チキンカレー

 カレーは普通。辛いものが苦手な私も美味しく食べられる辛さです。
 ただ、メニューの写真とはちょっと印象が違ったように思います。

 「具だくさんでボリューム満点!」とは言い難いかな…
 じゃがいもが 4切れほどと、薄切りのようなお肉がチラホラ…という感じでした。

ドリンク

 ドリンクはアイスコーヒーとAIMI(アイミ)を注文。
 単品で630円のドリンクを+200円でセットにできるのはお得感があります。

アイスコーヒー(左)、AIMI(右)

 AIMIはアイスミルクティーの略で、前田珈琲の看板商品のひとつ。
 特に女性のファンが多く、コーヒーに並ぶほどの人気なのだとか。

 2層になっているので見た目も可愛い!ストローで混ぜてからいただきます。
 甘さ・ミルク感もたっぷりで、女性人気が高いことも納得の美味しさでした。

感想まとめ

 元金庫室で過ごす、なかなか貴重な体験ができました。
 ただ 思っていたよりも金庫室らしさが少ないこと、メニューのお味や価格設定から再訪はなさそうです。

リピ度 ★★☆☆☆
 博物館の展示を見た後にちょっと休憩、なんて使い方ならアリかも。

リピ度(どれくらい再訪したいか)

★★★★★ 最高!常連になります
★★★★☆ リピあり!よかった!
★★★☆☆ 機会があればまた食べたい
★★☆☆☆ 2回目はいいかな
★☆☆☆☆ できれば避けたい

前田珈琲 文博店
住所:京都市中京区高倉通三条上る東片町623-1 京都文化博物館別館内 1階
TEL:075-255-1221
営業時間:10:00~18:00

 京都のレトロ喫茶店や歴史的な建造物に興味がある方は、こちらの書籍も必読!
 30ヶ所以上の京都の名建築と、そこで食べられる美味しいグルメが紹介されています。

 写真も多くフルカラーなので、パラパラと見ているだけでも おもしろいです。
 京都文化博物館別館は、5ページにわたって しっかりと紹介されています。

 関連記事です。

 近代建築×グルメなら、フォーチュンガーデン京都 も要チェック!
 旧島津製作所本社を改装したカフェで、美味しいパンケーキやバスクチーズケーキをいただけます。

 同じく京都にある、 フォションホテル京都 のアフタヌーンティーが美味しすぎました!
 美しいティーフード、ティーマスターこだわりの紅茶、心地よいサービス。
 再訪間違いなし! 今イチオシのアフタヌーンティーです。

 いつも頑張っている自分へのご褒美に!
 ホテルやレストランの予約なら いつでもその場で 1%値引きがお得な 一休 がオススメです。

 ブログランキングに参加しています。
 ポチッと応援していただけると嬉しいです。

maedacoffee-bunpaku

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる